ハッキリ言って、多くの男性は女性の細かい心の動きや変化に気がつきません。とくに女性との交際経験が少ない人ならなおさらです。 よく女性が 「言わなくてもわかってもらえると思った」「あんなにデリカシーのない人だとは思わなかっこれは女性側が期待しすぎているからでしょう。自分と同じように相手も考えると思ったら大間違い、男性の多くは本質的にシンプルな思考回路でできていると思っておいたほうが無難でしょう。しかしながら、 こと婚活においては、そのシンプルさを見逃す手はありません。つまり、男性の大らかな部分を活用して賢く立ち回れば、幸せな結婚に近づくというわけです。ただし、気をつけたいのは、打算的な行為や安っぽい演技では逆効果になってしまうという点。あからさまに相手に掘を売ったり、舌っ足らずな調子で甘えるようにしゃべったりすることで男性の歓心を得ようと思うのは間違いでしょう。相手を馬鹿にしていることになりますし、自分にとっても気持ちのいいことではないからです。では、具体的にどんなふうに自分をPRしていけばいいのでしょうか。まずは、素直な感情をロに出して言うことからはじめてみてください。たとえ ば「ありがとう」で 終わらせるのではなく、 「ほめてもらえてとても嬉しいです」と伝えるようにします。 同様に、 二人の間で誤解が生じたときは、 「OOさんに、 そんなふうに思われて いるかと思うと悲しいです」 と言うようにします。もうおわかりでしょうか? 「嬉しい」「悲しい」 「楽しい」「怒っている」と し、自分の感情の部分を言葉にして伝えていくことで、 「この女性は今、 こんなふうに思っているのだな」 ということを、 できるだけわかりやすくお知らせするのです。
何を考えているかわからない複雑な女性よりも、感情がハッキリとわかる裏表のない女性のほうが、シンプル構造の男性にとっては理解しやすく好感を持ちゃすいものなのです。