恋愛のすえに結婚をしたいと願う男女は、結婚と言う名の理想に押しつぶされて、結婚までに結局のところ辿り着けないでいると語るのは、結婚相談所の相談役のEさんです。「理想の結婚」は、誰しもの憧れでもありますが、その幻想やロマンから抜け出せない人は、良い人に出逢っても、結婚に踏み出さないのだそうです。そのような人たちは、現実的な結婚を目の前にすると、その人が理想の人にピッタリ当てはまるまで、探し出そうとするので、結局、いくつものチャンスを身過ごしてしまうのだと言います。本人たちが、自分の理想の人とは違うと言うのだから、仕方がないとは思いますが、理想の結婚相手探しなんて、シンデレラがガラスの靴を履くようにはうまくいかないよ、とEさんは語ります。理想の結婚をする事は、ほぼ無理な事なのだと結婚後に気付く人は多い、けれど結婚前に、理想を掲げ続ける人たちは、自分のたちの幸せをどう考えているのだろうか・・・、とEさんは少し心配気味に話して下さいました。理想の結婚像を追い求める事は悪い事ではないけれど、結婚とは現実と向き合う事のはじまりでもあるとEさんは、考えてもいるようです。現実的な自分を受け入れられない人たちには、結婚は難しいのかもしれないですよ。と、これまでの経験談を交えながらEさんに語って頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です